昆虫大学2014in横浜 レポその1


 ノイローゼになってしまった
 友達が僕に言う
 「あの楽しそうなディズニーランドへ
 一緒に行こうよ」って
 でも 僕は行く気がしない
 なぜなら彼は気が狂ってるから


  「ディズニーランドへ」 BLANKEY JET CITY


はい。というわけで行ってきました。
トークしてきました。

虫のディズニーランドこと、昆虫大学2014in横浜へ!


昆虫大学を知らない方に概要を説明すると

昆虫大学は、昆虫その他の「蟲」のもつ多様な魅力をプロから学ぶ不定期開催イベントです。作家・芸術家・研究者・昆虫を生業とする人々を招聘し、虫と虫好きの異様な熱気に満ちた世界をチラ見せすることを目的とします。2012年にアートフェス「TRANS ARTS TOKYO」にとつぜん出展し、以後は決まった学舎を持たず、さすらいの昆活(昆虫活動)をつづけています。(HPより)

わかりましたか? わかりませんか。そうですか。


私の言葉で言うと

昼間は虫の雑貨を買い、昆虫食を食べ、
虫の標本を見たり、生きてる虫を触ったり
夜は虫にまつわるいろんな研究をしてる人の
トークを聞く、という虫界の学園祭です。



わかりましたか? わかりませんか。

じゃ、私と一緒に入学してみましょう。

11/2(1日目)13:00
会場の関内さくらWORKS前


c0345286_22365613.jpg

10分前についた時点で、
入学希望者による30mの行列!
老若男女のムシ好きが
今か今かと開場を待っていました。

頭上をスズメバチがぶーんと飛んでおり、
通りすがりの若いカップルが「きゃあ!」と叫んでいましたが
昆大に並ぶ行列は、眉ひとつ変えず。

虫リテラシーの高さを、早くも物語っております。。。


ビルの2階にある受付で入学料(2日間通し500円)
を支払い場内に入ると…

うわーーーー!すごい熱気!

c0345286_22372580.jpg

というわけで
昆虫大学1日目「昼の部」のブースのご紹介を。
(なんとなく順路順です)

c0345286_11592940.jpg

(1)昆虫大学公式グッズ
昆虫大学の学長にして、このイベントの企画を
されているメレ山メレ子さん主催のブース。
今年の校章モチーフのTシャツの販売に加え

c0345286_228535.jpg

第1回昆虫大学公式グッズの昆虫大学ノート

第2回昆虫大学公式グッズの手ぬぐいも!

c0345286_2214360.jpg

昆虫大学ノートには3回分の校章のスタンプが押せます。

c0345286_2293921.jpg

こういうお得感のある参加型アイテムがある
ところが、女性ならではのアイディアだな〜
といつも感心させられてしまいます。
私は紫のTシャツをゲット!

c0345286_11592940.jpg
さて、どんどん見ていきましょう。

(2)マメコ商会さん
虫の持つ「キモい」というイメージを完全に
覆す虫アパレル界のトップブランド。
おしゃれすぎて死ぬる。

素敵な虫柄のファブリックで作った、シャツや
カバン、ストールなどのオリジナル衣料品を
販売しています。2012年に購入した
オサムシTシャツは虫イベントの定番着です。


c0345286_23201072.jpg

今回も、ツノゼミ柄の白シャツや、カニ柄の
短パンなど、南国テイストあふれる素敵な
新作がたくさん並んでいたのですが…

迷って迷ってツノゼミバッグを買いました!!

c0345286_2257228.jpg

持ち手は革で、肩にもかけられます。

c0345286_2257311.jpg

中にはポケットもついていて実用性も抜群!

c0345286_22575053.jpg

ごめんなさい。何回もお店に行ったのに
ブースの写真撮り忘れてました。。。(こ、混んでたからね!)

c0345286_11592940.jpg

お次のブースは

切り紙作品の販売・展示をしている
(3)いわたまいこさんのブースです。

このイボタガ、手で切ったとかマジですか?

c0345286_2384134.jpg

と、
見た人は間違いなく目が点になるクオリティ。。。

ウミユリ

c0345286_2385570.jpg

切るのに失敗したらどうするんですか?
「その時は一からです。」

ひっ

「デザインが一番難しくて、
切る方が楽しいです。」


えぇぇぇ

…と、作り方を聞けば聞くほど、
生物への愛と切り絵への神業が際立ってくる
すんごいアーティストさんでした。。。

カンコノキとハナホソガをあしらった今回の
校章の切り絵もありました!

c0345286_2320147.jpg


c0345286_11592940.jpg

お次はご存知…

(4)堀川大樹さん(クマムシ博士) 
ムシ界のキャラクター先駆者・堀川博士による「クマムシさん」グッズ販売です!

c0345286_23143794.jpg

ぬいぐるみからTシャツ、メモパッドから
ぬいぐるみまでキャラグッズ展開の基本は
なんでも揃っています!

しかも堀川先生はしょっちゅう
若そうなファンに囲まれてうらやましい
限りでした。。。(そこか)
やはりかわいい黒目キャラじゃないと
ダメか。。。うーん。

と考えていると、
ブースに設置された実体顕微鏡で
乾眠しているクマムシ(200匹)を見せてもらいました!

c0345286_23152071.jpg

絵本で登場させたものの、生クマムシは初。
ちょっと感動しました!

c0345286_11592940.jpg

そしてそのお隣は

(5)TSTアドバンス㈱・㈱栄商さん
クマムシ博士のかわいいぬいぐるみや、その
リアルバージョンを作っているぬいぐるみメーカーさん。

クマムシさん帽をかぶって
会場を盛り上げておりました!

c0345286_232313100.jpg

リアルクマムシさんのぬいぐるみは
あまりの作りの良さに
気づくと購入してしまいました。

c0345286_2328221.jpg

おなか。

c0345286_2328391.jpg

くち。これはいいものだ!

c0345286_2329424.jpg

聞けば会社が会場のすぐ近くだそうで(笑)
水族館や、動物園向けの生物ぬいぐるみを
得意としているそうです。ダンゴムもお願いできないかなあ…

c0345286_11592940.jpg

そして話題の…

(6)昆虫料理研究会さんによる
「昆虫食カフェ」

うわー1回目の昆虫大学でも食べましたよ!
イベントには欠かせない昆虫食!!
というわけで、勇気をふるって
「全部乗せ」をオーダーしてみました。

c0345286_23441897.jpg

うーむ。どうみても虫ですな。。。

c0345286_2344334.jpg

と思ったりしましたが、昼過ぎで
腹ぺこだったこともあり
むしゃむしゃと美味しく頂きました!

c0345286_2345199.jpg

夜に、研究会の女性とお話しましたが
いかに「美味しく」調理するかに情熱を
燃やしておりました!
ちなみに、採りたての虫を野外で
調理するのが一番美味しいそうです!(驚)

c0345286_11592940.jpg

続いて、

(7)はんこのダルマ屋 (P.ダルマさん)
消しゴムはんこをベースにした平面作品の
展示を行っているお若い女性作家さん。

スジグロカバマダラ(かな?)の集団。

c0345286_02246.jpg
(おそらく)
サバクトビバッタの群生相と孤独相。
このあたりはメレ子さんの著書にも登場する
昆虫大学と縁の深いモチーフですな。。。

c0345286_024483.jpg


かわいいミツバチの暮らしなどを
はんこと淡い色合いで表現していました。

c0345286_025671.jpg

おカイコ様消しゴムはんこは即売り切れ!

c0345286_03492.jpg

2日目は
「消しゴムはんこ押しまくり会」を開催していて大人気でした!

c0345286_11592940.jpg

お次は

(8)昆虫文献 「六本脚」さん
言わずと知れた
虫に関する本を扱う専門店さん。
手ぬぐいや虫の花札(!)に加え
今回は出展者の書籍も販売しておりました。

…ということは

私の絵本も扱ってもらいました!(感涙)

c0345286_06995.jpg

お、読んでる読んでる。

c0345286_062514.jpg

2日間でいろんなお話をして
虫本をとりまく世界や、図鑑に対する
熱い思いなども聞かせて頂きました!

私が購入したのは定番ながら
まだ持っていなかった
イモムシハンドブック(1)

c0345286_11333820.jpg

あと2冊! ああでも…
ハチハンドブックも欲しいし。
日本産タマムシ図鑑も、
日本原色カメムシ図鑑も欲しい。。。
(破産)

c0345286_11592940.jpg

まだまだあります。

(9)政所名積さん(展翅屋工房)

虫の展翅(標本を作ること)を生業とする
政所さんの標本製作の実演・販売。

政所先生とは以前、
メレ子さん著の「ときめき昆虫学」
出版記念昆虫観察会にて、虫の先生役
としてお会いしました。

国内外から集められた宝石のような虫たち。

c0345286_11394439.jpg

ゾウムシの冬虫夏草標本がある!

c0345286_1141313.jpg

虫ピンをつかって、硬くなった虫の体を
柔らかくする超絶技巧と、熱い解説に
観客が絶えません。

一日目終了のチャイムがなっても
お客さんに説明しながら展翅を続ける先生。

c0345286_11403283.jpg

放課後に、採りたい虫のいる場所について
質問すると、ていねいに実体験からのアドバイスをしてくださいました。
いつお会いしても永遠の昆虫少年っぷりが素敵です!

c0345286_11592940.jpg

そして企業ブース(と言うんでしょうか?)

(10)風の旅行社さん

c0345286_11521952.jpg

(9)で書いた
「ときめき昆虫学」出版記念昆虫観察会
主催してくださった、ちょっと変わった旅行社さんです。
(HPからお借りしました。茶髪が私です。)

c0345286_11532288.jpg
ネパール・モンゴル・チベットなどへの
少人数から組めるツアーを運営する旅行会社さんなのですが
コケや樹木の専門家と同行するツアーなど
楽しそうなツアーも企画されています。

夜のトークでは、その時の昆虫観察会の
様子をスライドショーにてプレゼンしてくれました。

昆虫観察会の時は、虫に釘付けで
いっこうに進まない列を管理したり(笑)

c0345286_23185935.jpg

車が通る時には、声をかけてくださったりと
やや危うい参加者たちを、しっかりまとめてくださいました。

c0345286_23175815.jpg

冬場は、野鳥の観察ツアーなども行ってるそうです。ご興味のある方はこちらまで。

c0345286_11592940.jpg

どうですか。
ここまで読んで。くらくらしませんか。
書いてる私がしています。

まだこれで半分なんですよ。
ひと息入れたら、「その2」へどうぞ。
[PR]
by toyosaki_kanji | 2014-11-11 00:53 | 虫イベント


虫絵本作家・とよさき かんじによる虫ブログです。初心者なので虫にまつわるすべてが新鮮です!


by toyosaki_kanji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

PROFILE

とよさき かんじ

2014年7月に世界初の土壌生物絵本「くるりん!ダンゴム」を出版し、ダンゴムシキャラのダンゴムを広めようとしています。本業はおもちゃのデザイナーです。
長い間、虫好きを封印していましたが、TG-3を携えてフィールドに戻ってきました。間違ってる虫がいたらご指摘お願いいたします。

以前の記事

2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月

カテゴリ

全体
ムシ撮り
虫絵本
虫イベント
はじめに
ム仕事
その他
未分類

最新の記事

真昼の月
at 2015-05-03 22:33
初夏のリベンジ
at 2015-05-02 23:26
ツツジの住人
at 2015-04-30 00:54
春を求めて
at 2015-03-18 18:54
まだまだ冬の虫
at 2015-03-08 18:32

お気に入りブログ

外部リンク

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

自然・生物
クリエイター

画像一覧