昆虫大学2014in横浜 レポその2

さーて
まだまだ続きますよ!

(11)みのじさん
生物系のイベントに行くと必ずお会いする
虫界の老舗?雑貨屋さん。
イラストレーターのみのじさんが手がける
親しみやすい虫柄グッズはいつも大人気。

c0345286_19234215.jpg

いつでもお客さんが途切れないので
ごあいさつが遅れてしまいました。

さて、
私の今回のお目当ては「虫ポーチ」!

c0345286_1923489.jpg

c0345286_19233618.jpg

虫カゴをこんな風にデザインして、野外にも
持っていけるようにするなんて
アイディアがすばらしすぎる。。。

一緒にお店をやっている奥山さんが飼って
いるダンゴムシの色彩変化個体も
撮らせて頂きました!

かっこいいタイガーダンゴム!
(黄色に黒シマ)

c0345286_1926378.jpg

かわいいパンダンゴム!
(顔がちゃんと黒い!)

c0345286_19265191.jpg

アルビノのホソワラジム!

c0345286_19281264.jpg


奥山さんは「ダンゴムシの本」という
世界初のダンゴムシ図鑑を出版されて
いるのですが、数年前から(趣味で!)
色に特徴のあるダンゴムシをかけ合わせて
このような珍品を作出しているそうです!

ほんとこのお話だけで、
一日費やせますな。。。
昆虫大学、濃すぎ!!

c0345286_11592940.jpg

(12)蛾売りおじさん
蛾を売る?おじさん…?
白髪の標本商をイメージしながら
お店に行くと、出迎えてくれたのは
ヒゲをつけたうら若き女性ふたり。

な、なんでおじさんなんだ?、と
頭が混乱しますが展示されている
『蛾』への愛が…

c0345286_039144.jpg

爆発しております!

c0345286_19315738.jpg

樹脂コーティングされたブローチもやばい!

c0345286_1932618.jpg

私はイベントに行けない友人から
あの店の蛾のブローチを全種買って来い
という密命を受けていたので
開店してすぐにお店に駆けこみましたが
私のすぐ後くらいで売り切れになっておりました。。。

ヨナグニサン、オオミズアオ、
ウンモンスズメ、イボタガ…どれもすばらしいですな!

c0345286_1932579.jpg


近年の女子による、蛾への熱い想いと
作品クオリティの加速をあらためて実感しました!

c0345286_11592940.jpg

(13)九州大学総合研究博物館
カタゾウムシのパネル展示
「おしゃれ虫 カタゾウムシ」

c0345286_1939269.jpg

今回唯一の壁面展示でしたが
世界に分布する宝石のようなカタゾウムシ
の世界をあますことなく、写真パネルと
標本で表現しておりました。

c0345286_092111.jpg

標本に集まるのは
私のようなオッサンだけではなく…


c0345286_19393891.jpg

すべからく女子!!

c0345286_19394755.jpg

さすが「おしゃれ虫」!
ネイルアートにも似た体色は
女性を惹きつけてやまないようでした。

c0345286_010172.jpg

私の友人が来てくれたのですがその光景に
「なんで女子が?」「え?だって虫だよ」
と、ものすごいカルチャーショックを受けて帰っていきました。(笑)

しかしこの素晴らしいカタゾウムシたちは
M先生の私物のコレクションも混じっているのかしら。。。

c0345286_11592940.jpg

(14)AntoRoomさん
こちらも生物系イベントでは何度も拝見しているアリ専門のお店です
(あ、希少なカギムシも売ってました!)

c0345286_1948521.jpg

初めて見た時には、こんなお店がこの世に
あるのか!とのけぞりました。(笑)

店主の島田さん自らアリを採集して
自家製の蟻マシーン(観察ができる人工のアリの巣)と一緒に販売しています。

c0345286_19485796.jpg

なにしろすごいのが、働きアリだけではなく
女王アリも扱っているという点。

これはアリの巣を探し当て
何メートルも掘って採集しているという事なのです!

今回はアリとシジミチョウの幼虫の生体展示をしておりました。

c0345286_19534520.jpg

クロシジミの幼虫は、アリから餌をもらう代わりに甘露と呼ばれる蜜を出します。
って…共生関係の話は知っていましたが
それが目の前で見れるんですよ! うわー!!(発狂)

c0345286_19532379.jpg

AntoRoomさんのHPで通信販売もされています。ご興味があればぜひ。

c0345286_11592940.jpg

(15)あまのじゃくとへそまがりさん

どーん!

c0345286_2329407.jpg

と、一度見たら忘れられないこのカブトムシの幼虫が目印。
なんと、このバッグ(!)はオール革製なんです。

そのラインナップは多様性そのもの。

c0345286_23301782.jpg

サバクトビバッタにマルエボシツノゼミ。
アオバセセリ幼虫の入った葉っぱ。

c0345286_23312247.jpg

ヒトノミ!

c0345286_23362921.jpg

そしてカギムシ!

c0345286_2336728.jpg


虫のバッグだけでも驚くのに、すべてハンドメイドの革作品。。。
作りたいものをまず作ってみる姿勢にほれぼれしました。

制作についていろいろお話を伺っていたら、おみやげに
革のプラナリアストラップを頂いてしまいました。。。

c0345286_23365154.jpg

サーセン!

c0345286_11592940.jpg

(16)ひよこまめ雑貨店さん
こちらも2012年の昆虫大学でその存在を
知った有名雑貨屋さんです。

そして今回もやばかった。。。

c0345286_2343528.jpg

ああ。。。。

c0345286_23441110.jpg

蟲栞なんて。。。ちきしょうめ。。。

c0345286_23451280.jpg

なんですかね。ひよこまめさんの商品を見ると、私(男性)の中に住んでいる
乙女、というか女子みたいなものがむくむくと出てきて、
お前絶対に実生活で使わないだろー!
という雑貨を買ってしまうんですよ。

こんな小さなバッグとか。。。

c0345286_23452722.jpg

あと、このイラガの繭モチーフのピンズ!

c0345286_23455975.jpg

イラガの繭の模様ってなんかいいよな…
と思っていた無意識を、バッチリ商品にしてくれるこのセンス!!!
うーん。参った。この商品全部ください!(と言ってみたい)

c0345286_11592940.jpg

(17)中原直子さん(委託販売)
今回唯一お会いできなかったのですが
カタゾウムシ写真のポストカードと
カレンダーを販売されておりました。


c0345286_235167.jpg

しかしこの美しさは異常。。。

c0345286_2353118.jpg

(13)の展示を見て、このカレンダーを買わない人はいないんじゃないですかね。。。
特に12月のが好みです!

c0345286_23523758.jpg


c0345286_11592940.jpg

(18)市山美季さん
羊毛フェルト作家さんによる、カイコ作品の展示。

c0345286_0253784.jpg

白いもふもふがおカイコさん。

c0345286_0243246.jpg

茶色いもふもふがクワコさん。

c0345286_0245725.jpg

もちろん蛾の造形と質感もすばらしい
のですが、私が感動したのがですねー

カイコの下に引いてあるクワの葉っぱ。

c0345286_0255547.jpg

紙でできてるそうなのですが
2色のちぎった紙を張り合わせてから
葉脈をケガくという手間のかかりよう。。。

c0345286_0305586.jpg

こういう細やかな手仕事は、男は(私は)絶対にやりません。できません。

2012年昆虫大学でも赤いダニを出品してらしたはず…!
作家さんのHPをひも解いてみると、
あの生物が、この生物が羊毛フェルトに!

もはや白くまもカイコも、もふもふ感という
点では、同一線上に並ぶ時代ということですよ。奥さん!(誰?)

c0345286_11592940.jpg

(19)編み師203gowさんによる編み展示。
最後になってしまいましたが
これですよ。これ。

c0345286_0313821.jpg

会場を縦横無尽に覆い尽くす
不思議な色とかたちの編み作品たち!

c0345286_0322398.jpg

時には海洋生物っぽかったり、時には虫っぽかったり、時には微生物のようであったりと
ファンタジーかつリアルな作品たちが

c0345286_0332275.jpg

昆虫大学の会場を、完全な異世界に変えておりました。

c0345286_03240100.jpg

学長の頭も異世界に!(学帽だそうです)

c0345286_0344211.jpg

2日目の撤収をお手伝いしたのですが
どの作品も、梁にぶらさがっている糸の
一カ所を引くと、するすると下ろせる仕様
になっており、機能性にびっくりしました。

これは色んなイベントに引っ張りだこだわ。。。

203gowさんも楽しい方で、
自身の作品の下で、来場者たちが昆虫食を食べているのを
ニヤリとしながら眺めておりました。(笑)

c0345286_0335219.jpg


c0345286_11592940.jpg

と、
いうのが一日目の「昼の部」のお話でした。
ここまで長文につきあってくださりご苦労さまでした。
※間違いがあったら教えてください。

そしてこの後、「夜の部」のトークイベントになります。
レポその3はこちら
[PR]
by toyosaki_kanji | 2014-11-11 00:52 | 虫イベント


虫絵本作家・とよさき かんじによる虫ブログです。初心者なので虫にまつわるすべてが新鮮です!


by toyosaki_kanji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

PROFILE

とよさき かんじ

2014年7月に世界初の土壌生物絵本「くるりん!ダンゴム」を出版し、ダンゴムシキャラのダンゴムを広めようとしています。本業はおもちゃのデザイナーです。
長い間、虫好きを封印していましたが、TG-3を携えてフィールドに戻ってきました。間違ってる虫がいたらご指摘お願いいたします。

以前の記事

2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月

カテゴリ

全体
ムシ撮り
虫絵本
虫イベント
はじめに
ム仕事
その他
未分類

最新の記事

真昼の月
at 2015-05-03 22:33
初夏のリベンジ
at 2015-05-02 23:26
ツツジの住人
at 2015-04-30 00:54
春を求めて
at 2015-03-18 18:54
まだまだ冬の虫
at 2015-03-08 18:32

お気に入りブログ

外部リンク

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

自然・生物
クリエイター

画像一覧