樹皮めくり欲望編

今週もまためくってしまいました。

今回は目をつけていた海沿いの公園。
ケヤキが何本もあるので気合いが入っています。

樹皮めくり一本目。

c0345286_0133188.jpg

3.5mmほどのヒメコバネナガカメムシの集団。幸先良さそう!

c0345286_0434352.jpg

二本目。

c0345286_016387.jpg

ジェット戦闘機のようなカッコいい蠅。
ムラクモハマダラミバエというそうです。目がレインボー。

c0345286_0183815.jpg

まだなんかいそうだな…と
ペリペリしてると、いぶし銀の小さな虫が素早く動きました。

あっ

c0345286_0211825.jpg

メダカチビカワゴミムシ!!

c0345286_022638.jpg

わずか4mmほどのゴミムシの普通種ですが
初見に加え、写真映えするディティールに大興奮!

c0345286_0233935.jpg


名前の由来は「目高」「ちび」「皮」「芥虫」
もっとカッコいい名前でも良かったのに…

いきなり満足してしまったのですが、まだまだ続きます。
c0345286_11592940.jpg

うーん、これはハリブトシリアゲアリ?

c0345286_09253.jpg

お腹が妙にぷっくりしているのは女王アリなんでしょうか。
アリは難しい。。。

お次は、毛深いクロテントウの集団。

c0345286_0295198.jpg

とっとと逃げ出すヒレルクチブトゾウムシ。

c0345286_0304542.jpg

ピン甘ですがヤマトウロコトビムシ?

c0345286_0315618.jpg

お、またチビカワ。お尻だけ写っているのは…

c0345286_048215.jpg

アカアシノミゾウムシ。

c0345286_048577.jpg

樹皮裏にはクモもたくさんいます。シロエビグモかな?
そして赤いのはダニ。
※シロエビグモではなく、キンイロエビグモの幼体との指摘を頂きました。

c0345286_0484226.jpg

調べるとウスケユビダニの1種というそうです。
赤い体に黄色い足が妙にPOPですな。

c0345286_0494769.jpg

で、ダニの隣のつぶつぶですが

c0345286_059390.jpg

カメムシかなんかの卵かな?と帰宅後確認したところ
ササラダニの集団のような気がしてきました!
後ろはムラサキトビムシの一団でしょうか。

ダニも、トビムシも、いわゆる土壌生物という
落ち葉を土に変える分解者なのですが
冬はこうやって集まって冬越するんですね〜
絵本に登場させときながら不勉強でお恥ずかしい限りです。

しかし、楽しいけどあまりに小っさい世界で
目が疲れてきました。。。。
c0345286_11592940.jpg

ということでちょっと目先を変えて
樹名板めくり。

c0345286_0355675.jpg

どやっ!

c0345286_0362931.jpg

おお〜でっけえクサギカメムシ。

c0345286_037510.jpg

どこにでもいるカメムシですが
数mmの虫ばかり見ていると、スケール感だけでうれしくなります。

c0345286_0382272.jpg

ハート紋でおなじみエサキモンキツノカメムシ。

c0345286_115821.jpg

ひっそりとヨツボシテントウ。

c0345286_134223.jpg

同じかな…と思いきや
こちらはモンクチビルテントウかなあ?
※モンクチビルテントウではなく、ムツボシテントウとの指摘を頂きました。

c0345286_15373.jpg

倒木をどけると…
思わず「うわっ!!」って声出しちゃいました。
正に冬眠中のヒキガエル。すまん。

c0345286_172690.jpg

隣はマクラギヤスデのアパート。

c0345286_16178.jpg

c0345286_11592940.jpg

そろそろ日も落ちそうなので
プラタナスの樹皮をめくりに移動しました。

c0345286_191731.jpg

おっ! なんだ君たちは!

c0345286_11005.jpg

マダラチビコメツキの集団。寒いのか微動だにしません。

c0345286_110521.jpg

さらにペリっと。。。
おわー! プラタナスグンバイ!!

c0345286_1114831.jpg

ここ15年ほど前に日本に入ってきたプラタナスの病害虫です。
しかしそのデザインは特異。。。

c0345286_1142969.jpg

なにか精巧なアンドロイドを見てるようで
胸がざわざわします。ちょっと怖いかも。。。

c0345286_1151843.jpg

この後も何本かのプラタナスを見てまわりましたが
この虫がいない木は一本もありませんでした。すごい繁殖力ですな。。。
c0345286_11592940.jpg

最後はススキ野原で倒木をころり。

ナナホシー

c0345286_1175470.jpg

マルカメー。

c0345286_1182789.jpg

そして甲殻類のみなさん。

c0345286_119982.jpg

フジヤスデにワラジムシときたら…
君もいるでしょう。ダンゴム!

c0345286_1352951.jpg

こうやって寝てる子たちもいます。かわいいのう。

c0345286_136241.jpg

楽しい樹皮めくりですが、
虫が探し出したせっかくの越冬場所を
奪ってしまうことでもあるので
欲を押さえてなるべく場所を移すよう心がけました。

しかしまだまだ樹皮裏で会いたい虫はたくさん。
タマムシ類はまだ見てないし、大型カメムシ類も見たいし
いやいやカニムシやウズタカダニも…

人間って欲深くていやですね!

c0345286_11592940.jpg

で、欲深ついでにひとつ宣伝を。

c0345286_11113795.jpg

お子様や、甥っ子姪っ子さんへのXmasプレゼントや
お正月のお土産に絵本はいかがでしょうか?
知人の保育園では、妖怪ウォッチの絵本に次いで
男の子に人気だそうですよ!(マジ)

土壌生物が活躍する絵本「くるりん!ダンゴム」こちらからも買えます!

c0345286_11592940.jpg

[PR]
by toyosaki_kanji | 2014-12-22 01:44 | ムシ撮り


虫絵本作家・とよさき かんじによる虫ブログです。初心者なので虫にまつわるすべてが新鮮です!


by toyosaki_kanji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

PROFILE

とよさき かんじ

2014年7月に世界初の土壌生物絵本「くるりん!ダンゴム」を出版し、ダンゴムシキャラのダンゴムを広めようとしています。本業はおもちゃのデザイナーです。
長い間、虫好きを封印していましたが、TG-3を携えてフィールドに戻ってきました。間違ってる虫がいたらご指摘お願いいたします。

以前の記事

2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月

カテゴリ

全体
ムシ撮り
虫絵本
虫イベント
はじめに
ム仕事
その他
未分類

最新の記事

真昼の月
at 2015-05-03 22:33
初夏のリベンジ
at 2015-05-02 23:26
ツツジの住人
at 2015-04-30 00:54
春を求めて
at 2015-03-18 18:54
まだまだ冬の虫
at 2015-03-08 18:32

お気に入りブログ

外部リンク

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

自然・生物
クリエイター

画像一覧